はまっ子防災プロジェクト概要

はまっ子防災プロジェクトとは

「はまっ子防災プロジェクト」は横浜内の中学生がわかりやすく防災を学ぶことを目指した横浜市との共創プロジェクトです。

プロジェクトの目的

いざという時に自らの命を守るため、中学生がわかりやすく楽しく防災を学ぶプロジェクトです。そして、若年層に防災についての知識と意識を積み重ね続けることにより、10年20年後の市内における、自助共助の向上が目的です。 生徒から地域共助の輪を広げて横浜市の防災力、減災力の向上を目指していきます。

プロジェクトの内容

横浜市危機管理室・横浜市消防局が監修した教材を、横浜市教育委員会を通じて市内の全市立中学校に配布し、生徒の皆さんが防災についての学びを深めます。これらの運営費は企業協賛で賄われます。企画・制作・運営は株式会社ペガサスがおこないます。

プロジェクト概要

プロジェクトサークル
横浜のハザード情報を教材に落とし込み、市立中学校に配布し、授業に使用します。
これらの教材やアイテムを生徒が自宅に持ち帰ることは、学校のPTAを通じてご家族に共有されます。 教材は、授業を受け防災の知識とアイテムを持って帰った後に家族会議が行える内容になっています。
家族の自助力と地域に広がった共助力が強化されることを見込みます。横浜市に災害が起こった場合でも自助共助の強化がされた状況であれば、行政の支援にも時間的猶予があり選択肢が増えます。このような好循環を目指します。
発行部数 50,000部
配布先 市内の公立中学校
教材 1年生に配布(3年間使用)
配布方法 教育委員会を介して担任教師より配布
配布日 9月1日
規格 防災ガイド:A4フルカラー/44ページ
防災マップ:A2フルカラー
オリジナル防災BOX:A4フルカラー
ライト:マグネシウム防災LEDライト
防災アニメーション※ストリーミングで配信
その他配布先 市民防災センター
各区・市役所
公的施設など

配布教材

導入  はまっ子防災アニメーション

第一話「地震」編

横浜に住む中学生である横峯駆は転校してきた浜音響とクラスメイトと共に横浜みなとみらいを訪れる。そんな中、関東沿岸部を中心とした大地震が起こる。

アニメさむねいる
第二話「風水害」編

避難所へとたどり着いた駆と響たち。駆は家が倒壊し父と母ともに連絡がつかず不安の中にいる。混乱の中で冷静に対処した響からは、かつての巨大台風による自身の被災経験が語られる。

第三話「避難所」編

避難所での生活も次第に慣れ少しずつ日常を取り戻していく駆。しかし、未だに父と母とも連絡の取れない中、妹の面倒や見知らぬ避難者達との共同生活でストレスに苛まれていく。

知識   はまっ子防災ガイド

防災ガイド

横浜市監修の「はまっ子防災ガイド」は襲ってくる災害に特化した内容で、3章から構成されていて各章を各学年で使用することで3年間使用できます。1,2年次は理科単元、3年次は道徳単元など、クロスカリキュラムで防災が学べる仕組みになっています。また、GIGAスクール構想で活用できるように、ページの各所にQRコードを配置して読み取ることで関連動画を視聴することができます。(1年:地震,津波,火災 2年:風水害 3年:自助・共助・公助)
【監修:横浜市 校閲:東京書籍㈱】

 先生用ガイド解説書

 

解説書例
授業で扱う際、先生方の下調べの時間を短縮し、準備効率化を図るツールになっています。官公庁等が発信している正しい情報をもとに、安心して授業に取り組むこごができる内容になっています。

主体性 はまっ子防災MAP

自分の住んでいる家の災害リスクを調べることができます。近くの避難所や避難所までの経路を想定し自分で考え、いざという時に行動できる力を身につけます。【制作:㈱ゼンリン 情報提供:横浜市】

意識 はまっ子防災BOX

自分で組み立てられるお手軽な備蓄ボックス。避難所に準備されにくいオリジナル備蓄品を自ら考えて収納できます。また、自分だけでなく家族全員で防災意識を高め合うための、ツールとしてもご利用いただけます。

興味 はまっ子防災ライト

防災ライト

乾電池を使用せず、わずか2ccの水のみで点灯し、約3日間連続で使用できます。未開封の場合は約30年間保存が可能です。

プロジェクトフロー

プロジェクトフロー

プロジェクトの構成は地域の企業様からの協賛で成り立ちます。各アイテム内の広告スペースやはまっ子防災サイト内の企業PRページで協賛企業の皆様を紹介しています。

防災プロジェクトを通じて、行政と教育委員会、地域の企業や住民のつながりを密接にしていくことで、自助共助を強く感じ自分たちの力で自分たちの街を守ることができます。

このような行政・企業・学校の連携に中学生が防災について学び、その積み重ねが10年20年後の横浜市が災害に強い街になることを目指しているプロジェクトです。

みなさん一人ひとりの意識が、みなさん自身を、この街を変えていく大きな力になります。

TOP