プロジェクトへの思い

私たちは「災害に強い街とはそこに住み、生活をする人々がその街の災害リスクを知り、協力して対応すること」であると考えます。

その考えに基づき、防災用品の製造・販売をする一企業として、この実績とノウハウを都市の防災・減災力に役立てられるのではないかと思い、横浜市に提案をしたのが「はまっ子防災プロジェクト」のはじまりです。

この「はまっ子防災プロジェクト」は、若い世代に防災意識と知識を積み重ねることができるプロジェクトです。10年20年先の未来へ向けて、防災について強化された世代を育てることが目的です。

この試みを行政・企業・学校の連携により成立させ、横浜市から始まる「新しい防災への取り組み」の実現を目指します。

TOP